FC2ブログ
おっとり・まったり・のんびりゆきのブログです♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
考え事が多くて最近眠くても眠れない夜を過ごしているゆきです。


なんだか思えば思えうほどに、考えれば考えるほどに縛られるように締め付けられるように
胸が苦しくて、張り裂けそうになるほど辛いなぁって思ったり。
じゃぁ考えなければいいじゃないかって思うけれど、どうしても考えてしまう。
何でこんな矛盾した生活を過ごさなければならないのでしょう。
どうして自分を追い詰めるような生き方しかできないんでしょう。


もっと笑って生きたい。
もっと自分のいいところを惜しむことなく出したい。
でもすぐにできる環境じゃない。
受け止めてもらえるか定かじゃない。
結局は怖いだけなのかな。結局は勇気が出ないだけなのかな。











ここから先の文章には流血などのグロテスクな表現が用いられています。
ダメな方、叩きたくなる方はここから先の観覧はお止めください。





















本当に見るんですね?



















覚悟はできましたか?
















思い出したくない辛い過去が私にはあります。

幼稚園の時から、高校1年生を終えるまで・・・・・・。









私、いじめられていました。



お弁当のトマトのタネと汁と唾液が混じったものを髪に垂らされたことがあります



クラスの皆の前で「何でここにお前がくるんだよ」って言われた事があります。



親友だと思っていた友達から永久に変わらない鬼ごっこの鬼に抜擢されたことあります。



「あんたの写真、卒業アルバムから切り抜かないと汚れるね」って

大好きだった友達に目の前で言われて大笑いされたことがあります。



朝、登校して教室に入ろうとしたら廊下で竹刀で殴られそうになりました。



次の日は上履きが体目掛けて飛んできました。



サッカーの授業中クラスの子に「うわ、キモッ!」と大声で言われて、

他の皆から「ナイス!」と大笑いされました。



「コイツと一緒にいると、汚れる」、「死ね」、「キモイから学校くんじゃねーよ」って

耳にたこができてもおかしくないくらい、焼きついて離れないくらい何度も言われました。


冷たい視線。罵られる汚い言葉。脳に響く沢山の笑い声。


残されたのはズタズタに引き裂かれた私の心だけです。






私はただの生きる屍でした。



生きる価値も、人間として私が生まれてきたことも、自分が人間であることも、

何かを愛することも、誰かに優しくすることも、やさしくされることも、

生きていることさえ否定され、自分で否定し続けて生きてきました。



朝日が昇れば、200人以上の中一人ぼっちで半日を過ごし、

汚い、気持ち悪いと罵られる毎日。

誰がそんな毎日を楽しいと思い、心待ちにするでしょうか。

少なくとも私にはできませんでした。














空気を吸う自分を恨みました。

ご飯を食べる自分が許せませんでした。

生きている自分が、いじめる誰かより何倍も何倍も嫌いでした。




そのうち、私は復讐をはじめました。

思いっきり傷つけてやりたい。

私の心がズタズタにされたように、ズタズタにして踏みにじってやりたい。

生きることがこんなに辛いことなんだって思い知らせてやりたい。

一人ぼっちがこんなに寂しいんだってこと、身をもって体験させてやりたい。









でも、できなかったのです。

何一つとして、私にはできなかったのです。















だから、私は自分の体に傷をつけるようになりました。















爪を噛んで、ちぎって、ボロボロにしました。

皮膚なのか爪の組織なのかわからなくなるくらいにまで。



指の皮膚を、噛み千切って捨てていきました。

指紋がなくなってしまうまで捨てました。


自分の体に、剃刀で傷を何本も何本も入れました。

点々と浮かび上がってくる血を見て、まだ血が流れてると実感しました。

お風呂場に広がる真紅の血を見てはホッとしました。











痛いという感情だけが脳みそを支配する。

その間だけは、心の痛みは忘れられるのです。

私は没頭しました。

今まで泣けなかった分、自分の心に悲しみを焼き付けるかのように。

毎日、毎日、自分をただひたすらにいじめ続けました。



皮膚に当たるのが痛くて、シャーペンすら持つのがおろそかになったことがあります。

剃刀で負った傷がまだ癒えないうちに塩素の入ったプールで泳いだこともあります。

すべての痛みに私は耐えました。

こんなのどうってことないや・・・と、言い聞かせて。


















怖かった。

寂しかった。

すっごく、すっごく寂しかった。

愛なんてないって思ってた。

いまだに思い出せば、震えが止まらなくて涙が出てきてしまうくらい。

思ってたより心に傷として残ってしまってる。



























そのうち、私はいじめられている人をかばう様になりました。

一人ぼっちにさせたくないと、いじめられている人の友達になりました。

余計にいじめられることになっても、私は離れませんでした。

そして私は初めて心底、親友と呼べる友達を3人作りました。











温かいなぁ。って思いました。

仲間って思える人って、皆温かい目で私に笑うんだなって思いました。

涙が溢れました。

生きてるって楽しいんだなって心底感じました。

抱きしめてもらった時、幸せだなって思いました。

全て、私が手に入れてはいけないと思っていたものでした。





















私には、裏切らないって信じれる親友が沢山います。



本音を言っても、私が自分を傷つけているといっても、気持ち悪いとも

死ねとも言わないでただ話を聞いてくれて、涙をふき取ってくれる人がいます。



悲しいと泣きじゃくっている私を抱きしめて、一緒に涙してくれる人がいます。



何より、こんなに汚れた過去を持つ私を、好きだと言ってくれる人がいます。























そんな人たちに支えてもらって、今私は生きています。

だからなのか、私はもう死にたいなんて思いません。

どんなに辛くても、悲しいことがあっても、人から罵られても、いじめられても、

私にはどんなものよりも力になってくれる人がいます。







太陽よりも温かくて、大地よりも大きくて、どんな木よりも頑丈に支えてくれる手。

その手に私は救われました。

その手に支えられて、私は辛くても立ち上がってきました。







だから恩返しとして、私は死ぬわけにはいかないのです。




















強がって見せる笑顔だっていいんだ。

涙を隠すために笑ってたっていいんだ。

会社では居場所なく、辛いこともいっぱいあるけどいいんだ。

私はまだ何も失ってない。























泣いてもいいよって、言ってくれる君がいて。

辛いんだねって、私をいたわってくれるあなたがいて。

頑張ってるよって、認めてくれる君がいて。

またおいでねって、抱きしめてくれるあなたがいます。







温かい手。

温かい言葉。

温かい視線。

温かくなる笑顔。










今日も私に元気をくれる人達は温かいです。


だから、今日も笑顔で言います。



いってきます


「いってきます。」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/02(木) 11:45 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/11(土) 19:44 | | #[ 編集]
ゆきちゃん。
心が締め付けられそうになりました。
いろいろあったんだね。
けど し ノ うと決意しなくて良かった。
じゃなければ知り合うことも出来ないし話を聞くことも出来ない。
し ヌ が勝ちではないんです。
生きるが勝ちなんですb
良かった勝ち組で!!
うんうん良い子に知り合えたとつくづく思いますb
ふんばって行きましょb
踏ん張れば必ず良い事ありまっせ。
わしもゆきちゃが思えるような親友になってみたいもんですb
いつか遊びにいったら相手してやってくんなましb

スイマセン禁止ワードがあって・・・・
2008/10/14(火) 21:27 | URL | エゴ #Dt6.m1sE[ 編集]
コメントどうもありがとうございます♪


非公開1さんへ

励ましのコメントありがとう。
お互い同じ地球に生きてる同士がんばっていきましょう。


非公開2さんへ

お久しぶりです!
そして訪問・コメントありがとうございます┏o

ありのままの自分で明日もいってきます!(。・ω・。)ノ


エゴさんへ

若いなりに色々あったゆきさんですw
そうですね。死ぬのが勝ち組だと思ってたけど、
今思えば死なずに頑張って生きててよかったなって思います。
お互い腐った世界で踏ん張っていきましょ!
生きてりゃなんとかなります!

了解です!またこっちにきた時は是非絡んでくださいねv

2008/10/16(木) 00:00 | URL | ゆき #uKKbyz.Q[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/17(金) 22:05 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/17(金) 22:09 | | #[ 編集]
コメント遅くなりました><


非公開1さんへ

お久しぶり!それからコメントありがとう^^


優しい人間ってどんな人間なのかな?
私はよく他の人から優しいって言われるけれども自覚がありません。

私が思う優しい人間って言うのは、誰かが傷つく言葉や行動、
暴力を振って力で制圧したりしない人。
それから、これが一番大事だと思うんだけど・・・
自分をいじめたり、傷つける人を許して愛してあげることができる人。
そういう人を優しいって言うんじゃないのかな?

私はそこまではいってないけど、いつかそんな人になりたい。
いつまでも優しい心と希望を持ち続ける、美しい心の人間に。
だから私はハンドルネームを『優希美』って名前にしたんだよ。
いつか私も「優希美」になりたいです。ってかなってみせます。

だから一緒に頑張ろうね!
お互い自分の目指す人間になれるように!


PS:きっと優しい人間になれるよ。
  傷つく痛みも全部わかってるあなたなら。

非公開2さんへ


お久しぶりです┏o
それから訪問・コメントありがとう^^

また何で私がここまで立ち直れたかって言うのも、
いつの日かブログに詳しく綴りたいと思います。
でもその前にあなたとちょっとお話してみたいです。

涙が出たってことはそれだけあなたに私の思いが通じたというか、
わかったってことだよね。本当に嬉しいです。ありがとう。
私の気持ちを感じとってくれてありがとう。

沢山辛いことありました。
いっぱい泣いて、いっぱい傷ついて、いっぱい傷つけました。
自分も、友達も、親も。
だからこそ、今見えるものっていうのが沢山あります。

もし道に迷ったら、壁にぶちあったったら、悲しくて辛くて
明日なんて来なければいいのにって思ったときは呼んで下さい。
私は誰かの見方になることはあっても、敵になることはありません。

少しでもあなたの力になりたいなって思う。
だから、いつでもいいです。呼んで下さい。
私はずっと見守り、寄り添い続けます。絶対に。
ひとりぼっちで寂しい思いをしなくて済むように。
2008/10/20(月) 23:03 | URL | ゆき #uKKbyz.Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yukimi3307.blog103.fc2.com/tb.php/81-865530d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。